/

レッドハット日本法人新社長、日本MS前常務が就任

日経クロステック

米ソフトウエア大手レッドハットの日本法人(東京・渋谷)は4日、日本マイクロソフトの常務執行役員などを務めた岡玄樹氏が同日付で社長に就任したと発表した。

米レッドハット日本法人の新社長に就任した岡玄樹氏(出所:米レッドハット日本法人)

新社長の岡氏は2018年に日本マイクロソフトの常務執行役員に就任し、最高執行責任者(COO)としてクラウドやビジネスアプリケーション、マーケティング、オペレーション、コーポレートソリューションセールスなどの事業を統括。日本マイクロソフト以前は、リーマン・ブラザーズやマッキンゼー・アンド・カンパニー米国ニューヨーク支社に勤めたほか、ソフトバンクグループのチーフ・グローバル・ストラテジストなどを歴任した。東京都出身の41歳。

レッドハット日本法人は20年8月31日付で望月弘一氏(現日本ヒューレット・パッカード社長)が退任して以降、米レッドハットのアジア太平洋地域担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのダーク-ピーター・ヴァン・ルーウェン氏が暫定社長を務めていた。

(日経クロステック/日経コンピュータ 鈴木慶太)

[日経クロステック 2021年1月5日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン