/

サンケン電気 車載・産機用パワーモジュールを強化へ

会見に臨む和田節氏(左)と高橋広氏(右)(写真:日経クロステック)
日経クロステック

サンケン電気は3日、代表取締役社長の和田節氏が退任すると発表した。同日の取締役会で内定した。退任後、取締役会長に就任する。取締役上級執行役員の高橋広氏が後任となり、車載・産業用のパワーモジュール事業を強化する。同年6月下旬に開催予定の定時株主総会後に、正式決定する。

和田氏は15年に社長に就任した。「この6年間は開発改革、働き方改革、ガバナンスを変える意識で取り組んだ」(和田氏)と振り返る。18年4月から21年3月にかけての中期経営計画において、売り上げに占める新製品の割合を15%に向上させるという目標を掲げた。20年度で10%、最近では15%になったとし、「一定の道筋はつけられた」(同氏)。さらに、カーボンニュートラルやデジタルトランスフォーメーション(DX)といった新潮流を踏まえた新たな中期経営計画が21年4月から始まることを受け、「バトンを渡す最適なタイミングだと思った」(同氏)と退任理由を語った。

新社長の高橋氏は技術開発部門出身で、デバイス事業本部生産本部長などを歴任した。主力製品のIPM(インテリジェントパワーモジュール)のプロジェクトリーダーも務めた。近年は工場の統廃合推進に注力している。モジュールとデバイス、センサーを3本柱とする同社において、「今後はIPMをはじめとしたモジュールに力を入れていく。白物家電中心から脱却し、車載用や産業機器用にも注力していきたい」(高橋氏)と抱負を語った。さらに、「現在、子会社の米アレグロ・マイクロシステムズの企業価値が当社を上回るいびつな構造になっている」(同氏)とし、改革を早期に実施して利益体質の改善も図るという。

同社はスイスの半導体大手STマイクロエレクトロニクスとパワーモジュール分野での協業を20年に発表している。車載用や産業機器用の半導体モジュールの開発にあたり、STマイクロの技術も活用するとみられる。

(日経クロステック/日経コンピュータ 土屋丈太)

[日経クロステック 2021年3月3日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン