/

この記事は会員限定です

日産次世代e-POWERエンジン、熱効率50%にめど

[有料会員限定]
日経クロステック

日産自動車は、発電専用ガソリンエンジンの最高熱効率が50%に達する見通しを2月26日に発表した。世界最高水準で、ハイブリッド車(HEV)の燃費性能を大きく高められる。2025年ごろまでの技術確立を目指すとみられ、その後量産する。30年代早期に主要市場に投入する新型車全てを電動化する方針の日産にとって、電気自動車(EV)と並ぶ切り札にする。

「EVといい勝負できる」

エンジンで発電機を動作し、その電力でモータ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4058文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン