/

この記事は会員限定です

ソニー、車載LiDAR素子参入 Apple採用追い風

[有料会員限定]
日経クロステック

ソニーが自動運転の目となる車載センサー、LiDAR(ライダー)部品で攻勢をかける。2月、長い測距性能と低コスト化の両立を狙った車載LiDAR向け受光素子の成果を発表した。

大きなシェアを握るイメージセンサーの技術や、米アップル製品で採用されたとされる受光素子技術を車載用途に応用するなどして実現するようだ。2022年のサンプル出荷を目指す。自動運転のセンサー「三種の神器」のうち、ミリ波レーダーを除くカメラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン