/

フォラウがトンガ代表入り ラグビーの元豪州代表

トンガ・ラグビー協会は27日、来年のワールドカップ(W杯)フランス大会への出場権を懸けたアジア太平洋プレーオフなどに臨む代表メンバーを発表し、元オーストラリア代表で73キャップと活躍し、日本のリーグワン1部の浦安に所属するバックスのイズラエル・フォラウが名を連ねた。

オーストラリアのメディアによると、フォラウの両親はトンガ出身。国際統括団体ワールドラグビーの新規定では、自身か親、もしくは祖父母の出生国で、以前の代表チーム活動から3年離れるなどの条件を満たした場合に代表変更を認めている。元ニュージーランド代表のマラカイ・フェキトアらも選ばれた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン