/

この記事は会員限定です

なお消えぬ円の先高観 米政権、景気下支えを優先?

[有料会員限定]

外国為替市場では年明け以降、米国の長期金利上昇を背景に、これまで下落基調だったドルの反発を見込む声が増えてきた。だがヘッジファンドの円先高観はなお消えていない。バイデン新政権が米景気を下支えするために「強いドル」政策を後回しにするとの思惑が根強いからだ。

円の対ドル相場はここ数年、高値を少しずつ切り上げる展開を続けてきた。世界的な低金利が長引くなかで、金利差要因よりも需給要因の影響の方が強くなり、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン