/

ラグビー代表国変更可に 22年から、条件満たせば

国際統括団体ワールドラグビー(WR)は24日、一定の条件を満たした選手が1度だけ代表する国・地域を替えられる新規定を承認したと発表した。来年1月1日から適用される。

変更先は自身か親、もしくは祖父母の出生国に限られる。移籍の際は代表チームの活動から3年間離れる必要がある。新興国の競争力を高めることなどが目的。

7人制で争われる五輪に関しては条件を満たした選手が代表する国・地域を替えることが既に認められていた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン