/

この記事は会員限定です

データサイエンス教育、競う大学

文理融合で新たな価値創造

[有料会員限定]

データや統計を分析して新たな価値を生み出し、ビジネスなどに活用する「データサイエンス」という分野の学部・学科や教育プログラムが大学の間で広がり始めた。キーワードは「文理融合・共創」。文系・理系にかかわりなく、全学的な取り組みとして推進していくことを目指す。

中央大学商学部4年生の越智百花さんは卒論を書くため、ウェブ上で約200人にアンケートを実施、データサイエンスの手法で結果を分析した。「プログラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1607文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン