/

ラグビー日本代表、再編成サンウルブズと対戦  

日本ラグビー協会は6日、日本代表が6月の全英代表ライオンズ戦に向けて行う強化試合(6月12日・静岡スタジアム)について、2020年にスーパーラグビーでの活動を終えた日本チームのサンウルブズを再編成して対戦すると発表した。メンバーは新型コロナウイルスの影響で海外から選手を招くのは難しいため、国内で選抜する。

サンウルブズはヤマハ発動機の大久保直弥ヘッドコーチが指揮する。現在54人の日本代表候補は5月下旬に35人程度に絞られ、外れた選手がサンウルブズに選ばれる見通し。関係者によると、所属するヤマハ発動機のプレーオフ敗退で活動を終えていた元日本代表FB五郎丸歩が入ることも検討されている。

日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは「ライオンズ戦に向けた貴重な強化試合。見どころの多い一戦となることは間違いない」とコメントを寄せた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン