/

この記事は会員限定です

進化する「クローン文化財」 幻のゴッホも再現へ

[有料会員限定]

高精度に文化財を複製してきた、東京芸術大学の「クローン文化財」が進化を続けている。精巧な複製にとどまらず、最新技術や研究成果を駆使して制作当時の姿を再現。「スーパークローン文化財」として、国宝の仏像の1400年前の姿や戦争で焼失した絵画をよみがえらせている。デジタルテクノロジーと芸術家の技を融合させた作品は、新しい芸術の形としても注目を集めている。

高度なデジタル技術を活用 

10日に長野県立美術...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン