/

この記事は会員限定です

「ノグチ」が救うガーナのコロナ 英世との縁、今も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われた西アフリカのガーナで、PCR検査体制の中心的役割を担う研究機関がある。日本の政府開発援助(ODA)で建設された野口記念医学研究所(野口研)だ。外務省は12日、ODAなどの実績や方針をまとめた2020年版開発協力白書を公開、この中で日本の支援が途上国の新型コロナ対策に貢献した事例として取り上げた。野口研を巡る日本とガーナの交流の歴史を追う。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン