/

この記事は会員限定です

太宰ゆかりの陸橋と武蔵野の大きな夕日

文学周遊「東京八景」

[有料会員限定]

JR中央線三鷹駅から西に数分ほど歩いたところに、三鷹車両センターを南北にまたぐ古風な陸橋がある。1929年(昭和4年)に当時の鉄道省が電車庫建設に伴い建設したもので、鉄材として古レールも使われている。晴れた日には橋の上から富士山がよく見え、東京・三鷹に住んだ太宰治お気に入りの散歩道だったという。

だが橋は現在の耐震基準を満たしておらず、老朽化が進んでいることから撤去の方針が決まった。橋を管理するJ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン