/

この記事は会員限定です

移ろう景色、見つめた被災地の10年(IN FOCUS)

東日本大震災10年 

(更新) [有料会員限定]

2011年3月。湿った木や油混じりの泥の臭いが立ちこめる中、津波に砕かれた岩手県陸前高田市の市街地が眼下に広がっていた。2年後、同じ高台から見た町はがれきや建物が消え、草原のようになっていた。さらに2年後、山を切り崩してできた土砂が巨大なベルトコンベヤーで運ばれ、山々が連なった。そして現在、約10メートルかさ上げした土地に造られた新しい町にはショッピングセンターなどが立ち並ぶ。

東日本大震災発生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン