/

5G、ロボット、VR…テクノロジーで変わる医療現場

医療現場で高速通信規格「5G」、遠隔ロボット、仮想現実(VR)など、最新のテクノロジーを取り入れる動きが活発になっている。医療はどう変わろうとしているのか。首都圏の現場を取材した。

5Gで遠隔医療

東京都新宿区の東京女子医科大学。産婦人科医が見つめるモニター画面に、20週ほどの赤ちゃんの超音波診断画像が映し出された。その場に妊婦の姿はない。医師がマイクを通じておなかに当てるセンサーの角度などを指示し、診断を進める。「切迫流産が疑われるので、すぐに搬送してください」

東京女子医大とNTTドコモが10月に実施した、5Gを使った実証実験のひとこまだ。商用5Gを活用した遠隔医療の実験は国内初という。産婦人科医が診ていた画像は、大学の構内に止めた移動診療車から5Gの回線を経由して送られていた。同大の村垣善浩教授は「画像の受信や会話のやり取りにタイムラグがなく、互いがその場にいるように感じた」と話す。

移動診療車は10トントラックの荷台を改造した試作車で、手術台や超音波診断装置などを載せている。都市と地方の医療格差を補完したり、災害や事故の現場に派遣した車両での手術を専門医が遠隔支援したりする場面を想定し、数年後の実用化を目指す。

NTTドコモの担当者は「今回は大学の施設内だったが、5Gのエリアが拡大すれば医師がどこにいても全国の患者を診られる」と自信を示す。大容量の手術データを遠隔地に伝送し、人工知能(AI)で解析する実証実験を公立はこだて未来大学、東京女子医大と共同で12月から2023年3月まで取り組む予定だ。

5Gの実証実験で、移動診療車の中で心臓の超音波検査をする医師(東京都新宿区の東京女子医科大学)

コロナ対策でロボットが活躍

診療が終わり、人けがなくなった日本大学付属板橋病院(東京・板橋)の発熱外来。看護師の菊岡史子さん(52)は、ガウンや手袋、フェースマスクに身を包み、ゲーム機のコントローラーのようなものを操作し始めた。

近くで動き出したのは、強い紫外線を照射して新型コロナウイルスを不活性化させるというロボット「UVバスター」だ。高さは約160センチメートルで、蛍光灯のような形の高出力ランプを垂直方向に7本、底部に1本備えている。約30分間、青白い光を放ちながら待合室や診察室の中をゆっくり進む。同病院は8月末から利用している。

手元のコントローラーでロボットを操作する

ロボットは日大医学部、ベンチャー企業のファームロイド(同・板橋)、理化学研究所などが共同開発した。人体に有害な紫外線「UV-C」を放つため、5メートル以内に人が近寄ると人工知能(AI)が判断して自動で停止する。実験ではランプから30センチの距離で紫外線を照射したところ、5秒で94.4%、15秒で99.9%の新型コロナウイルスを不活性化できたという。特許を出願中だ。

この病院では毎日PCR検査を行っており、11月は多い日で50人にのぼった。院内感染の予防は重要な課題だ。看護師の菊岡さんは「ロボットがあってとても心強い。患者や病院関係者の安心、安全につながっている」と言う。

開発したファームロイドは、今後はロボットに建物の構造を記憶させ、自動運転させることを目指している。同社の飯村一樹社長は「医療従事者の負担を減らし、できるだけ楽に作業できるよう追求したい」と話す。

VRで遺族の気持ちを学ぶ

360度カメラで撮影・制作した、役者を使った患者をみとるシーンの映像(東邦大学提供)

「午後8時27分、佐藤さんのお亡くなりを確認させていただきました」。ベッド脇の明かりが一点ともる病院の個室。動かなくなった父の着衣を丁寧に整え、そっと布団を掛けると、医師はゆっくりと「私たち」に話しかけ一礼した――。

東邦大学医学部(東京・大田)の中村陽一教授が、医学部生向けに制作したみとりの様子を再現したVR映像の一幕だ。専用のゴーグル型ディスプレーとヘッドホンを装着し、遺族の一員になった視点を体験することで、相手の気持ちに寄り添った終末ケアを学ぶ。画面に登場する医師や看護師、患者役にはプロの役者を起用した。

がんの告知や家族の臨終など4通りのシナリオがあり、同大学では2019年度から医学部の緩和ケア教育の臨床実習として取り入れている。中村教授によると、核家族化の影響で親族の死が身近ではなく、人が亡くなる瞬間に立ち会った経験のある医学生が少ないのが現状という。

「家族を傷つけないように、また医者自身も動揺せずに冷静な対応ができるように事前に学んでおくことは重要」と中村教授は指摘する。VRでみとりを体験した4年生の学生は「医療現場で実際に体験する前に学べてよかった。患者さんの気持ちに寄り添えるように生かしたい」と抱負を語る。

取材:小谷裕美、小高顕、淡嶋健人(写真映像部) 編集:加藤宏志(科学技術部)、鈴木輝良(写真映像部)

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン