/

この記事は会員限定です

街路樹100万本 眠る「緑のインフラ」(IN FOCUS)

トーキョーアップデート

[有料会員限定]

東京では約100万本の街路樹が街を彩る。景観向上、大気汚染の緩和など様々な役割を担う一方で、都会の過酷な環境は老朽を早め、必要以上の剪定(せんてい)が樹木本来の力を弱めているという。健やかに成長した樹木は木陰で涼をもたらし、より多くの二酸化炭素(CO2)を吸収し体内に固定するなど温暖化対策にもつながる。いま、"緑"が持つ潜在能力を引き出し、都市との共生を目指す新たな取り組みが進められている。

ブラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン