/

この記事は会員限定です

ホテルのコンセプトルーム広がる 立地の特徴いかし集客

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、ホテルの集客は苦戦が続いている。日本ホテル協会によると、2021年の会員ホテルの平均稼働率は34.7%で過去最低となった。新型コロナ感染拡大の痛手から、なお脱しきれていない現状が浮き彫りとなっている。ホテルの中には、立地する場所の特色などをイメージしたコンセプトルームを作り、集客をテコ入れしようとする動きも広がっている。

大型のモニターにゲーム用のマウスやパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン