/

この記事は会員限定です

ワクチンの打ち手に救急救命士も出動 神奈川県海老名市

[有料会員限定]

国の新型コロナウイルスワクチンの供給に不透明感が広がり各自治体では接種計画の変更や予約制限など混乱はあるが、11月末の完了に向けて体制の整備は続いている。64歳以下も含めた全対象者が約8万3千人の神奈川県海老名市では新たなワクチンの打ち手として全国で初めて救命救急士が加わった。

6月29日、市の実技研修会に29人の救急救命士らが参加し、医師や看護師の指導のもと接種の手順を確認した。「アルコールにア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン