/

萱が銅メダル 体操あん馬

体操の種目別決勝が1日行われ、男子あん馬で萱和磨が銅メダルを獲得した。日本勢で2004年アテネ五輪銅メダルの鹿島丈博以来4大会ぶりの表彰台。亀山耕平は演技の乱れが響き5位だった。

あん馬の演技をする萱
旋回、開脚、移動と安定感ある演技を見せた
14.900点をマーク(多重露光で撮影)=共同
着地も決まった
演技を終え、ガッツポーズ
銅メダルを首にかける萱。団体総合の銀に続き2つ目のメダルとなった(石井理恵撮影)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン