/

この記事は会員限定です

実は 作家 川上弘美

[有料会員限定]

俳句の季語についてのエッセイ連載をまとめた本を、少し前に上梓(じょうし)したのだが、原稿を読み直し推敲(すいこう)をしている時に、思わず、うう、という忸怩(じくじ)たる心もちになってしまった。「実は」という言葉の登場頻度が、いやに高いからである。

小説などの連載ならば、それまで書いたものを読み返しながら書くので、言葉の重複はさほど多くない。けれどエッセイは、前に書いたものを読み返さないので、いきお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り483文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン