/

この記事は会員限定です

危機に行動した監督たち ミニシアター支援で連帯

回顧2020 映画

[有料会員限定]

4月の緊急事態宣言で全国の映画館が休業に追い込まれた。新作の公開はほぼ2カ月間ストップした。戦時下にさえなかった映画の危機に、監督たちが行動を起こした。

諏訪敦彦、井上淳一らを中心に映画人が呼びかけた「SAVE the CINEMA」プロジェクトはミニシアターへの国の支援を求めて9万人を超す署名を集めた。ライブハウス、小劇場の代表と共に関係省庁に要請を重ね、文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1239文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン