/

この記事は会員限定です

ジャズ黄金期再び マイルス・ディヴィス没後30年

ビート革新、20代がけん引 ヒップホップと地続きに

[有料会員限定]

モダンジャズの帝王、マイルス・デイヴィスが亡くなって2021年で30年になる。ジャズの全盛期はとうに過ぎ去ったと思われていたが、若い音楽家が新たなスタイルで今また革命を起こしつつある。マシンのように細分化されたリズムを導入し、ポピュラー音楽の多彩なスタイルを内包することでジャズは再び音楽の最先端に帰ってきた。新世代ジャズの愉楽を音楽評論家の佐藤英輔氏、DJ・音楽ライターの大塚広子氏が案内する。(写...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン