/

この記事は会員限定です

米寿で「このミス」1位 辻真先が語る戦後の「正義」

[有料会員限定]

作家・脚本家の辻真先(88)が書いた戦後が舞台の推理小説「たかが殺人じゃないか」が今年のミステリーランキングを席巻している。米寿を迎えたレジェンドは過去と今に何を思うのか。

「ランキングは、いいときは気にするし、悪いときは気にしない。1位というのはできすぎです」。「このミステリーがすごい!」など今年のミステリーランクで3冠を達成したベテランは泰然と語る。

その作品「たかが殺人じゃないか」(東京創元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン