/

この記事は会員限定です

文化育てた道路を分析 速水健朗氏が選ぶ3冊

国道16号線 柳瀬博一著

[有料会員限定]

国道16号線は、東京を遠巻きに走る郊外の環状道路だ。

高度成長期に発展したニュータウンが点在する道路。通勤、持ち家、マイカー。戦後日本を代表する生活様式が、16号線地域の暮らしから見えてくる。

さらにユーミンや米軍ハウスに住んだ細野晴臣、大瀧詠一らの原点もこの道路沿いにある。米軍基地と戦後商業文化の受容は16号線と結びついていた。

一方、頼朝挙兵ルートと16号の一致、3万年前の遺跡の集積との関連な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン