/

将棋・JT杯、豊島二冠が優勝(盤外雑記)

第41回将棋日本シリーズJTプロ公式戦は、豊島将之二冠が決勝で永瀬拓矢王座を破って優勝した。豊島二冠は初戦となる2回戦で藤井聡太二冠、準決勝で渡辺明JT杯と破って決勝に進出、4年ぶり2度目のJT杯制覇となった。

囲碁の中国国内団体戦、乙級リーグで日本チームは2勝2敗4分けで16チーム中10位だった。井山裕太棋聖、余正麒八段、六浦雄太七段、福岡航太朗初段がネット対局で参加。甲級昇格はならず乙級残留となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン