/

この記事は会員限定です

江戸の眼鏡店主が活躍 縄田一男氏が選ぶ3冊

湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳 山本一力著

[有料会員限定]

老舗眼鏡店の主、長兵衛が天眼鏡を片手に事件の謎をとく江戸探偵名話第2弾。

季節が失われつつある昨今、表題作は題名を見ただけで、情景や季節感が伝わってくる逸品。大の池波正太郎ファンの作者のこと、食の場面の素晴らしさはいうまでもなく、この短篇の見事さは、犯人の人生が分かった時点で謎がとけるという趣向だ。

また、作者のことを単なる職人ものの書き手とゆめゆめ思うなかれ。「よりより」に示されているのは、狭い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン