/

この記事は会員限定です

「処理水」を考える 俳人 黛まどか

[有料会員限定]

東日本大震災から10年が経(た)つ。復興が進む他方、先延ばしに出来ない重大な問題が福島にはある。

福島第一原発では、廃炉に向けた作業の過程で、放射性物質を含む汚染水が日々大量に発生している。放射性物質を除去し、除去できないトリチウムと共に「処理水」として巨大タンクに保管(放射性物質が残るタンクもある)。総量は既に1000を超え、来年10月には保管場所が限界に達する。2016年と20年に原発を視察し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン