/

この記事は会員限定です

「飛ぶ教室」のクリスマス 家族と再会する喜び 

ドイツ文学者・松永美穂

[有料会員限定]

少年たちはわくわくしていた。あと数日でクリスマス。普段は寄宿舎で生活しているが、クリスマス休暇が来れば実家に帰れる。学校の規則から解放されて、なつかしい我が家でご馳走(ちそう)を食べ、クリスマスプレゼントをもらって、ゆっくり過ごせるのだ。

彼らはギムナジウム(大学進学を前提とした中等教育機関)の5年生。日本でいえば中学3年生にあたる。男子校で、最高学年は9年生。寄宿舎の部屋では、複数の学年が一緒に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン