/

この記事は会員限定です

いま、ここ 俳人 黛まどか

[有料会員限定]

京都のある寺で、一度だけ座禅を体験したことがある。朝六時から一時間程、一般向けの講座だ。警策(きょうさく)という木製の平たい棒を手にした僧侶が目の前を通る時に、希望者は頭を下げると背中を打っていただける。パン!パーン!という乾いた音が冴(さ)え切った講堂に響き渡る。私もお願いしたが、想像していたよりも痛く、体験といえども容赦はないのだな…と思った。とはいえ、座禅の後には一人一人に労(ねぎら)いの飴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン