/

囲碁、一力二冠が年間最多勝(盤外雑記)

一力遼二冠

囲碁の2020年の年間成績がまとまり、一力遼二冠(天元・碁聖)が53勝13敗で最多勝となった。4年ぶり2回目で、計66局の対局数も最多だった。井山裕太三冠(棋聖・名人・本因坊)は38勝14敗で勝ち星は日本棋院2位。関西棋院では余正麒八段の43勝7敗がトップだった。

日本棋院の囲碁殿堂表彰委員会が開かれ、藤沢秀行名誉棋聖の殿堂入りが決まった。新設棋戦に強く「初物食い」と称され、67歳での王座防衛は七大タイトル最年長記録となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン