/

この記事は会員限定です

仏船遭難めぐる野心作 縄田一男氏が選ぶ3冊

風巻(しまき) 鳴神響一著

[有料会員限定]

明治7年、南伊豆入間村沖におけるフランス船〈ニール号〉遭難の史実に取材した気鋭の野心的歴史長篇。漁師の達吉が、命がけで救ったイギリス人トーマス・ブラウン、通称トムをめぐって入間村、いや、大きく言えば国際問題にもなりかねない事態が生じようとしていた。トムはある事情から命を狙われており、達吉に自分を匿(かくま)ってほしいと懇願する。しかし、異人を無断で匿うことは法に触れる。

ここから物語は、大義と友...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン