/

この記事は会員限定です

「誰も詠まなくなっても、自分だけは」17音の鎮魂歌

災厄と文化(4)葛藤する俳句

[有料会員限定]

俳句のイメージ覆した震災

17音の内に季語を入れて表現する俳句は、災害や社会問題を扱うには適さない。東日本大震災はそんなイメージを覆す句を数多く生んだ。

 さくらさくらさくらさくら万の死者 桃心地

2011年4月の日本経済新聞俳壇に掲載されたこの句を、選者の黒田杏子は「国民的鎮魂歌」と評した。作者の桃心地は岩手県大船渡市に住む。この10年、季節を問わず、一貫して震災にまつわる句を詠み続けてきた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン