/

この記事は会員限定です

キレキレのアクション・コメディー 映画「燃えよデブゴン/TOKYO MISSION」

[有料会員限定]

〝デブゴン〟といえば、ごぞんじサモ・ハン(洪金宝)の異名。「燃えよデブゴン」(1978年)の公開後、テレビやビデオでサモの主演作には、なんでも〝燃えよデブゴン〟と冠した。80年代のはなし。

しかし、今回の「肥龍過江」という原題もそのままのこの新作は、現在の香港アクション・スターのトップ、ドニー・イェン(甄子丹)が主演。

ドニーのどこがデブゴン(肥龍)なんだ、と思われるだろうが、安心してください。最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン