/

この記事は会員限定です

ヨーロッパの白亜のお城、建てて暮らして

千葉県柏市に本格様式で設計、サロン開き文化活動も 高丸重信

[有料会員限定]

「ヨーロッパの貴族みたいなお城に住みたい」。子供の頃に夢見た人は多いだろう。私はその夢を持ち続け、独学で建築デザインを学び、千葉県柏市に「コーマル城(シャトー・ド・コーマル)」を建てた。文化人が集う場として、18世紀フランスで流行したサロンの文化も受け継ぐ。

石造りのように見えるが、実は木造だ。コリント式の柱は、ガス管をモルタルで覆った。中に入ると、極楽鳥を描いたステンドグラスやシャンデリア、天使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン