/

この記事は会員限定です

「いつも鏡を見てる」矢貫隆さん 

ドライバーの目で見た現代(あとがきのあと)

[有料会員限定]

ノンフィクション作家として、難病や自殺問題など様々な話題を追ってきた。今回はタクシードライバーの置かれた状況をとりあげた。1973年のオイルショックからバブル景気、その後の平成不況、リーマン・ショックそしてコロナ禍と、世の中の動きに大きく振り回されたドライバーたちの悲喜こもごもの人生を描き出す。

取材ではタクシー会社に運転手としてつとめ、現場のドライバーたちのリアルな声を聞き取った。「社会的に恵ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン