/

この記事は会員限定です

パルコ劇場「藪原検校」 江戸の物語、現代の似姿に

[有料会員限定]

井上ひさし初期の代表作のひとつ。時は江戸時代、東北出身の盲人、杉の市が殺人を重ね、金を積んで高位の検校にのし上がる。エログロも盛り込む若書きの奔放さ、差別される者が民衆の見せ物にされる残酷さ。何度見ても戦慄を覚える問題作である。

歌舞伎の現代化に取り組んできた新鋭、杉原邦生は長年のパートナー市川猿之助を主役に、これを渋谷の路地裏で演じられる劇として演出した。木村光一、蜷川幸雄、栗山民也、それぞれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン