/

この記事は会員限定です

ドラクエは「自分の物語」 神話から文学へ

名作RPGの世界(1) 中川大地(評論家・編集者)

[有料会員限定]
 ゲームにとどまらず、日本文化に大きな影響を与えたRPG(ロールプレイングゲーム)。評論家・編集者の中川大地氏がその歩みを振り返る。

1986年5月、「ファミコン」ブームの真っただ中で発売された「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」。それは多くの日本人にとって、RPGと呼ばれる種類の物語ゲームに接する、初めての体験となった。

ゲームを始めると、まず五十音の平仮名が並ぶテキスト入力画面が表示され、そこから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン