/

この記事は会員限定です

わかる古典落語家に 漫画家 内田春菊

[有料会員限定]

久しぶりに落語をやりました、と言うとそれだけで感心してくれる人がいる。やるだけなら誰にでも出来(でき)るのに。落語って登場人物が何人かいて会話で進んでいくから一人芝居より覚えやすいし、演者は自分一人だから間違えても気づかれないので楽! 大正大学で非常勤講師をやってますが、学生たちにも毎年オリジナル落語会をしてもらってました。

今回の演目は「たらちね」。古典はこれと「死神(しにがみ)」しか経験なし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1527文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン