/

この記事は会員限定です

「感染症の世界史」石弘之著 コロナ禍に示唆、図解も

ベストセラーの裏側

[有料会員限定]
(角川ソフィア文庫・1080円)▼コロナ禍で再注目された文庫版(左)が版を重ね、新たに刊行した図解版の装丁は同じようなデザインを採用し、カラフルな色合いにした。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染症について改めて学びたいとの意識が高まっている。感染症と人類の歴史を分析した『感染症の世界史』(角川ソフィア文庫)も売り上げが急増した一冊だ。著者の石弘之氏は新聞記者やザンビア特命全権大使をへて、大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン