/

この記事は会員限定です

落ち着きある正統派のベートーヴェン ゲルハルト・オピッツ ピアノリサイタル

[有料会員限定]

生誕250年のベートーヴェン後期のピアノ曲をあつめたリサイタル。

11月ごろから、海外の演奏家が出演する公演がふえた。特例のウィーン・フィル以外は全員、到着後14日間の自主待機後の登場である。ゲルハルト・オピッツもその一人だ。

オピッツは1953年ドイツ生まれ、往年の名匠ヴィルヘルム・ケンプの薫陶を受けた、いわばドイツ正統派のピアニストだ。今回も重すぎず軽すぎずに中庸を得た、真面目で充実感のある表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン