/

この記事は会員限定です

トトロと守る狭山丘陵の里山

宮崎駿監督らの協力得て保全活動30年 荻野豊

[有料会員限定]

東京都と埼玉県の境にある狭山丘陵はアニメ映画「となりのトトロ」の舞台のモデルの一つとされる。我々が宮崎駿監督らの協力を得て、トトロをシンボルに寄付を募り森を買い取って保全する「ナショナル・トラスト活動」を始めてから、30年がたつ。

戦後、狭山丘陵の近くで生まれ育った私は里山が消える様子を見続けてきた。人と自然が調和した生態系が広がっていたが、バブルの頃からゴルフ場や宅地など開発の波が押し寄せる。1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン