/

この記事は会員限定です

パレスチナの今伝える 竹内薫氏が選ぶ3冊

ガザ、西岸地区、アンマン いとうせいこう著

[有料会員限定]

のっけから、ピリピリとした国境検問のシーンがあり、読者は、ただならぬ雰囲気の世界に引きずり込まれる。

パレスチナ自治区とその周辺の取材で著者が遭遇したのは、デモに参加しただけで銃弾で足を破壊され、空爆や自爆テロで負傷し、国境なき医師団の病院に担ぎ込まれる人々だ。

火傷の治療のために3Dプリンターでフェイスマスクを作ったり、ゲーム機のようなバーチャル画像の技術で痛みを和らげる工夫があったり、先端医療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン