/

この記事は会員限定です

現代版「遊牧民」 家は大地 映画「ノマドランド」

[有料会員限定]

2008年に世界を襲った金融危機は多くの人々の境遇を変えた。夫を亡くした60歳過ぎの女性ファーンは、炭鉱閉鎖で町が寂れた米ネバダ州の住居を処分、キャンピングカーで暮らす道を選んだ。かつて代用教員だった彼女が教え子に訊(き)かれるシーンがある。「先生はホームレスなの?」「いいえ、ハウスレスよ」。彼女はノマド(遊牧民)になったのだ。

脚本と監督を務めるのは中国・北京生まれで米国在住の女性クロエ・ジャオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン