/

この記事は会員限定です

私的マスク考 ミュージシャン 高見沢俊彦

[有料会員限定]

神奈川県逗子市在住の友人から、鶴岡八幡宮内で、マスク姿で鎮座する狛犬(こまいぬ)の写メが送られて来た。かなり大きめのマスクをしつつ、威厳を持って佇(たたず)む姿に思わず心が和んだ。コロナ禍という未曾有(みぞう)の時代、神さまのお使いも共に堪え忍んでいるようで、気持ちがホンワカ温かくなったのだ。

今やマスクは、日常生活において、切っても切れない大事な必需品。元々日本では乾燥する冬や、花粉が飛び交う時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン