/

この記事は会員限定です

「笑い」の今、小説が示す 気鋭の作家ら相次ぎ刊行

突き抜けたばかばかしさ、理詰めで創作

[有料会員限定]

気鋭の作家たちが「笑い」に着目した小説を発表している。笑いは普遍的でありながら、何を笑えるとするかは時代とともに変化してゆく。作品と作家の言葉から、笑いの今を考えた。

「笑いには多面性や多義性がある。明確な答えを必ずしも出すわけでない『小説』という媒体に合っているのでは」。お笑いコンビ「馬場リッチバルコニー」のユウキと滝場、彼らの親友の咲太、男性3人の高校時代と10年後の現在を記す「おもろい以外い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1467文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン