/

この記事は会員限定です

スパイ小説の巨匠ル・カレ逝く 実体験基づく壮絶な物語

[有料会員限定]

89歳で亡くなった英国のスパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレ氏は、東西冷戦時代に英秘密情報部(MI6)に所属していた。その実体験に基づいた人間同士の裏切りや悲哀を、同国を中心とする現実の国際情勢を背景にして書き続けた。

作歴の長い作家だ。1961年「死者にかかってきた電話」でデビュー。冷戦下でスパイが壮絶な闘いを繰り広げる「寒い国から帰ってきたスパイ」は世界的なベストセラーになった。傑作として名高い「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン