/

この記事は会員限定です

「だまされ屋さん」星野智幸さん 壊れた家族に変化

あとがきのあと

[有料会員限定]

2018年、幻想的で魅惑的な物語が次々に語られる短編集『焰(ほのお)』で谷崎潤一郎賞を受賞した。2年9カ月ぶりとなる今作は、複数の登場人物の視点で描かれる家族小説だ。謎の訪問者によって、壊れた一家に変化が訪れる。

「50代半ばともなると、何の問題もない家族は少ないと分かってきた。小説などには家族でない共同体がしばしば登場しているが、疑似家族を描くだけでは足りない。こじれがいかに発生し、どうすればク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン