/

この記事は会員限定です

暗殺される独裁者の闇 映画「KCIA 南山の部長たち」

[有料会員限定]

韓国現代史の闇をあばく実録ものは、つくるがわに意気ごみがあり、それが迫真力を生む。

これは1979年10月26日におこった。パク・チョンヒ大統領暗殺事件をえがく。金忠植のノンフィクション「実録KCIA―『南山と呼ばれた男たち』」(講談社)を原作に、「インサイダーズ/内部者たち」のウ・ミンホが監督した。

主人公の韓国中央情報部(通称KCIA)部長キム・ギュピョンを、韓国を代表するスター、イ・ビョンホ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン