/

この記事は会員限定です

明治という国家 前公正取引委員会委員長 杉本和行

[有料会員限定]

NHKの2021年の新しい大河ドラマは「青天を衝(つ)け」である。このドラマは3年後の2024年に発行される予定の新1万円札の肖像に採用される渋沢栄一を主人公とするものである。渋沢栄一は江戸時代の末期に生まれ、徳川幕藩体制から明治国家へという国家のパラダイム転換を経済から担った人物である。

私は1990年前後にヨーロッパで勤務していたが、当時ベルリンの壁が崩壊し、欧州連合(EU)統合の動きが進む中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン