/

この記事は会員限定です

肩書き ミュージシャン 高見沢俊彦

[有料会員限定]

肩書きが人となりを表すと言った人がいた。ビジネスマン、プロ野球選手、サービス業など確かにそれだけで、その人の性格や体格など輪郭がぼんやりと見えてくる。

父親は都内の中学校長だったせいか、近所の人からは日常的に先生と呼ばれる事が多かった。それに乗じて子供の頃ふざけて父を先生と呼んだ時だ。「肩書きはお前のオヤジだ。先生ではない」と言わんばかりの苦々しい表情で首を横に振られた。家と学校は違う。ましてや息...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り465文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン