/

この記事は会員限定です

遠吠えする鉄犬文学 管啓次郎

[有料会員限定]

ひとつのプロジェクトが終わった。鉄犬ヘテロトピア文学賞。人には知られず歩みは小さかった。しかしその意味はけっして小さくなく、むしろこれから強い光を放つようになるはずだ。その理由を記しておきたい。

文学賞は数多あるが、プロジェクト型文学賞を名乗るものはたぶん初めてではないか。前年に出版された著作から選ぶという原則のもと、2014年以来、全7回を数えた。当初の予定通り、これで幕を引く。期間限定であるこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1587文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン